空中庭園  ~ Hanging Gardens ~

Youtubeやニコニコ動画の埋め込み利用における著作権等の扱いについて

アニメ画像のキャプチャ、二次創作に続き、今回はYoutube(niconico)動画の埋め込み利用について、 どこまでが利用できる範囲なのかを調べてみました。
※ リンクと埋め込みでは若干扱いに違いがあるようです


まず明らかにNGな利用方法として、動画をYoutubeやniconico動画からダウンロードして自分のサイトに動画を置く、またはどこかの動画投稿サイトにアップロードする事。
そんな事をするメリットもあまりありませんが、これはとても問題がありますので絶対に行わないようにしましょう。


次に「著作権侵害している動画」を埋め込む事も、埋め込むだけといってもいろいろ問題になりますので避けた方が良い使い方となります。


著作権侵害の動画で残ったままになっているものって結構ありますね。

オフィシャル以外でアップロードされたシングルやアルバム曲、アニメなどはもちろん、 MAD動画など、その殆どが著作権侵害となっているのでご注意ください。


当然著作権を侵害していなかったとしても、 YouTube(niconico動画)の規約に反する内容の動画、公序良俗に反する動画などはまた別の問題がありますので、 そういった動画も利用しないように気をつけましょう。


では、どういった内容のものなら埋め込み利用できるのでしょうか。


ここで、扱いについて広告収入等の有無により判断が異なるようですので注意しましょう。

※ 主にJASRAC管理楽曲については扱いに注意が必要です


1. オフィシャル動画
公式に公開されている動画であれば埋め込み利用は可能です。

ここでいう公式とは、動画の中身の著作権が公開者に帰属している場合を指します。

オフィシャルかどうかはユーザやオフィシャルサイトを見れば分かりますので、 ひと手間かけてきちんと調べましょう。
(一見オフィシャルに見えるなりすましユーザがいるかもしれませんので)


但し、ここに問題になる可能性がある場合があり、 見かけた範囲ではJASRAC管轄のPV等の曲の埋め込みには注意が必要です。

・ 参考リンク : JASRACの動画共有での音楽利用についてのガイドライン
JASRAC公式サイトの説明ページ(ポップアップします)


「個人」が収入を得ずに運営するサイト(ブログやSNS)である場合は利用が可能で、 アフィリエイト等の収入が発生するサイトである場合は許諾契約手続きが必要のようです。


利用しているブログなどで勝手に広告が出てしまう場合は特に許諾を得ずに埋め込み利用しても問題ないようです。


2. 個人で投稿された動画
個人で投稿された動画でも魅力的な動画ってたくさんありますね。


そういった動画を紹介したいと思うのも自然な事、 JASRACの時のような例外は常に存在しますが、基本的には利用して良いと判断する事にしたとしても、 実際に埋め込みを行う際にはもう1点別の注意が必要です。


ここで重要なのが肖像権の問題。
個人が投稿した動画ですので、 そのすべてが著作権や肖像権といった細かい所までしっかり確認して動画をアップロードしているというわけではありません。


著作権的には全く問題がない動画でも、 映された側の肖像権に反している場合などが存在します。

動画の投稿者は基本的にはその動画に移った人の許可を得ている必要がありますが、 撮影された側が知らない・意図しない投稿であるような場合は注意が必要です。

有名人などになるとパブリシティ権なども関わってくるので、そのあたりが怪しいと思う場合は埋め込みは控えましょう。


さて、少しクリアになってきたと思いますがこれではなんだか窮屈ですね。



基本的に動画の埋め込みというのは、動画の配信でもなければ動画の複製でもありません


もともと配信側でも埋め込みを不許可にできるようにもなっていて、 埋め込み自体は本来コードを貼っているだけなので、リンクと同じ扱いと判断になります。

この部分は権利者側(著作者側)と意見が割れる所です



ただし、やはり判例として欧州などでも埋め込み自体は著作権法にあたらないという判断を下した事例があり(2014年10月)、 世界的な流れとしてはそうなって来るのではないでしょうか。


※ 日本でも同様に扱われていくものと思いますが、浸透するまでは時間がかかりそうですね


しかしながら、著作権法に違反しないのと訴えられるという事は全く異なる話です。

企業側は利益が最大になる線を常に考え、規約やガイドラインを調整する立場にあります。

公式のガイドラインを守って動画投稿を行っても「著作権侵害」の申立てにより削除されるという事があるようです。

二次創作でも調べて感じましたが、結局のところは似たような所にいきつくのですね・・・



○ 参考: リンクでの利用について


著作権侵害された動画に間違ってリンクを貼ってしまった、なんてこともあるかもしれません。


このリンクを貼る行為は著作権侵害にあたるのか??

限りなくグレーに近いような所ですが、結論からするとこの行為は著作権侵害にはあたりません。


ただし、ここで注意が必要で、著作権侵害の幇助(ほうじょ)として違法になる可能性がありますので注意しましょう。

著作権違反しているかどうかが分からない場合、リンクを貼った直後に違法になるわけではなく、 著作者からの抗議等があり、無断でアップロードされたものであると認識された時点でリンクを削除すればギリギリセーフという感じのようです。

違法である事が分かっていてリンクを貼ってしまった場合はNGという事ですね。




とはいっても、リンク元の動画をいつもチェックしているわけでもないので、すぐに対応できるわけでもありません。

使って良いかどうかが不明なものについては避けるのが良さそうです。


動画の埋め込みもリンクと同じとして扱われるべきなのですが、 まだ見解としてはそこまで進んでいませんので、 リンクよりも動画の埋め込みの方が「配信」に近い所にありますので注意が必要です。


長くなりましたが、簡潔に噛み砕いてまとめていきたいと思います。


Youtube(niconico動画)の埋め込みの利用方法

1. 公序良俗に反する、または著作権侵害、肖像権侵害、Youtube規約違反が疑われる動画の埋め込みは行わない


2. 音楽の埋め込みは公式で配信しているものを利用する



3. アフィリエイト等で「個人」に収入が発生する場合、JASRAC管理楽曲を埋め込み利用する場合は利用許諾が必要
許諾を取らずに埋め込みを行った場合、JASRACから請求が来ることもあるようです。
当然企業や組織などで利用する場合は「個人」に収入が発生しないとしてもJASRACに利用許諾を得る必要がありますのでご注意ください。

4. 基本的には埋め込みコードでの利用が許可されている動画は埋め込んで使っても良いはず
3は特殊な事例で、個人的には権利者側の一方的な主張であると考えています。

JASRACが許諾が必要といっているのは、動画コードの埋め込み行為を「配信」として認識しているためとなります。

JASRACだけでなく、他にも埋め込みで規約がある所があるかもしれませんので注意はしましょう!

とはいえ、わざわざトラブルに飛び込んでいく必要はありませんね。

注意点だけきちんと意識して、あとは楽しく利用しましょう。


ここまでまとめましたが、 二次創作物と著作権についてのまとめと同様で、 重要なのは著作者・投稿者側に好まれるような動画の埋め込み利用を行いましょう!

もちろん、思う所がないわけではありませんが、より自由に楽しくできるようになると良いですね。

関連する内容についてまとめてみましたので興味がありましたらご参考ください。

アニメキャプチャ画像の使用と著作権近辺について

二次的著作物(二次創作)における著作権等の扱いについて

歌ってみた、演奏してみた動画を投稿する前に気を付けるべき著作権と楽曲利用の方法について
スポンサーリンク

0 Responses

    コメント

    Pick Up!

    スポンサーリンク